手根幹症候群 原因 症状 治療法 後遺症 対処法

手根幹症候群の原因と症状、治療法、後遺症への対処法

スポンサーリンク

手のひらのつけ根に痛みやしびれが走る症状を手根幹症候群といいます。
手根幹症候群の原因はいくつかありますが、その中の一つに甲状腺機能低下症があります。
手根幹症候群の原因は何なのか、症状を楽にできるのか調べて苦痛を少しでも楽にしましょう。

 

 

【手根管症候群が起きる原因とメカニズム】
手根管症候群が起きる原因は複数あります。
女性ホルモンの乱れ、手を酷使したことによるもの、糖尿病、関節リウマチ、甲状腺機能低下症などです。
いずれかが原因で手根管症候群を起こす部位の神経を傷つけやすくするため痛みやしびれが発生します。
親指と隣接する指3本に手根管症候群の症状が強く表れ、しびれが出ても手のひらの感覚が失われないのが特徴です。

 

痛みやしびれだけでなく、手首の脱力が起きることもあります。
手にしびれや痛みがあると、日常生活に支障が出てしまいます。
どうしたら苦痛を楽にできるのでしょうか。
手を酷使して手根幹症候群の原因が起きている場合は手を休めるなど手をなるべく使わない工夫が必要となってくるようです。

 

 

【チェック方法と効果的な治療方法】
手根管症候群を原因とした症状かどうかをチェックする方法は簡単です。
手のひらの一部をたたいてみて痛みやしびれが出るようなら手根管症候群を原因とした症状の可能性が高いと言えます。
手を酷使している場合は手を休めればある程度回復しますが、甲状腺機能低下症が原因で手根管症候群の症状が起きている場合、どうしたら症状を軽快させることができるのでしょうか。

 

甲状腺機能低下症が原因となっている時は甲状腺ホルモンを補う治療を行いましょう。
チラージンという内服薬で甲状腺ホルモンを補う事ができます。
痛みやしびれが治まるまでしばらくは手を酷使しないようセーブするなどすると、更に回復が早まると思います。
病院に相談して甲状腺ホルモンを補う治療を受けましょう。

 

 

【費用、種類】
手根管症候群の治療法は、手根管解放術と内視鏡手術があります。
手根管症候群の治療法である手根管解放術は、局所麻酔で手首から手のひらまで数センチ切開し中にある靭帯を切り離し圧迫されている神経を楽にする術式です。

 

手根管症候群の治療法である内視鏡は内視鏡とメスを切開した部分から挿入し、靭帯を切除します。
解放術に比べて傷跡が小さく、痛みも少ないですが行っている場所は少ないです。
手根管症候群の治療法にかかる費用は手根管解放術が3割負担で15000円、内視鏡手術が3割負担で30000円かかります。
手術給付金を受けることができればもっと安くなるかもしれません。
もし手根管症候群の治療で10万以上かかった場合は医療費控除が受けられるので念のため、領収書は取っておきましょう。

 

 

【給付金の受給ができるケースとできないケースがある】
手根管症候群の給付金は受給できるケースとそうでないケースで分かれます。
保険会社によって違いますが、入院日と退院日が同一の入院を保証する「日帰り入院保障」の場合、給付金の対象となるのは入院基本料という診療報酬が算定されるケースに限られるそうです。
残念ながら、入院基本料が含まれていなければ給付金は受けられません。
任意保険の給付金は保険会社により異なるので手根管症候群の手術を受ける前に加入している保険会社に確認することが大事です。
手術ばかりに意識が行って給付のことは忘れてしまうかもしれませんが、あとでがっかりしないためにもちゃんと保険会社に確認しておきましょう。

 

手根管症候群の治療は給付金が受けられる時とそうでない時があるようです。
給付金の対象になっているか、通院扱いになっていないかなど事前に保険会社にチェックしましょう。
費用も知っておくと安心して手術が受けられます。

 

スポンサーリンク

 

手根管症候群の手術を受けた際、個人差はありますが後遺症を生じることがあるようです。
一体どんな症状が現れるのか不安ですよね。
今後の為ある程度後遺症に対する知識を入れてから手術前の心の準備をされるといいかもしれません。

 

 

【手根管症候群の後遺症が治まるまでにかかる時間】
手根管症候群の治療法として手術を受けた後、切った所が痛んだり、傷口が腫れたり痛みを持つことがあるようです。
手首を内側に曲げるのが痛いと言う方も数多くいます。
そのため痛みが出ても、手根管症候群の対処法として慌てず様子を見るようにしてください。
痛みに関しては個人差があり、切った所の痛みに関しても個人差はありますが3〜6ヵ月で改善します。

 

手首を内側に曲げる際生じる痛みは手術後1ヶ月程度は続くようです。
手を自由に動かせるまでには抜糸後10〜2週間はかかるのではないでしょうか。
完全に腫れや痛みから解放されるまでには半年程度時間を見た方がいいかもしれません。
半年様子を見ても後遺症が改善されない場合は、手根管症候群の対処法として医師に相談してみましょう。

 

 

【手根管症候群の辛い後遺症を抑えるための対処法】
手根管症候群の手術を受けた後、後遺症が出てしまう人は多いです。
しかし手根管症候群の手術を受けた後の後遺症は、
一生ではなく一時的な物なのであまり落ち込まないようにしてください。

 

手根管症候群の手術を受けた後の後遺症は、痛みや腫れに対しての対処法を行います。
手根管症候群の手術を受けた後の後遺症の対処法として、
手掌痛は低出力レーザーの照射、手根管内へのステロイド注射、切った部分(切開創)の痛みはステロイドのテープを貼ると効果的です。

 

手根管症候群の手術後に発生する後遺症は辛いものですが、対処法である程度症状は楽になります。
手根管症候群の手術後に発生する後遺症のほとんどが楽になるまでには数カ月かかりますが、焦らず治療とリハビリに励みましょう。
辛い時は無理しすぎ無いことも大事です。

 

手根管症候群の手術を受けた後の後遺症は個人差はありますが、生活でよく使う部分なのでしばらくの間はとても不自由が生じると思います。
手根管症候群の手術を受けた後の後遺症の痛みや腫れを我慢せず、対処法で辛い部分は抑えて少しでも快適に生活できるようにしましょう。

スポンサーリンク