手根管症候群 原因 甲状腺

甲状腺機能低下症が手根管症候群の原因になる時がある

スポンサーリンク

手のひらのつけ根に痛みやしびれが走る症状を手根幹症候群といいます。
原因はいくつかありますが、その中の一つに甲状腺機能低下症があります。
どういう時に起きるのか、症状を楽にできるのか調べて苦痛を少しでも楽にしましょう。

 

 

【手根管症候群が起きる原因とメカニズム】
手根管症候群が起きる原因は複数あります。
女性ホルモンの乱れ、手を酷使したことによるもの、糖尿病、関節リウマチ、甲状腺機能低下症などです。
いずれかが原因で手根管症候群を起こす部位の神経を傷つけやすくするため痛みやしびれが発生します。
親指と隣接する指3本に症状が強く表れ、しびれが出ても手のひらの感覚が失われないのが特徴です。

 

痛みやしびれだけでなく、手首の脱力が起きることもあります。
手にしびれや痛みがあると、日常生活に支障が出てしまいます。
どうしたら苦痛を楽にできるのでしょうか。
手を酷使して手根幹症候群が起きている場合は手を休めるなど手をなるべく使わない工夫が必要となってくるようです。

 

スポンサーリンク

 

【チェック方法と効果的な治療方法】
手根管症候群かどうかをチェックする方法は簡単です。
手のひらの一部をたたいてみて痛みやしびれが出るようなら手根管症候群の可能性が高いと言えます。
手を酷使している場合は手を休めればある程度回復しますが、甲状腺機能低下症が原因で手根管症候群が起きている場合、どうしたら症状を軽快させることができるのでしょうか。

 

甲状腺機能低下症が原因となっている時は甲状腺ホルモンを補う治療を行いましょう。
チラージンという内服薬で甲状腺ホルモンを補う事ができます。
痛みやしびれが治まるまでしばらくは手を酷使しないようセーブするなどすると、更に回復が早まると思います。
病院に相談して甲状腺ホルモンを補う治療を受けましょう。

 

甲状腺機能低下症が原因で手根管症候群を引き起こすことがありますが、治療法がはっきりしているので手のひらのつけ根に痛みやしびれが出た時は迷わず病院で甲状腺ホルモンを補う治療を行い快適な日常生活を取り戻しましょう。

スポンサーリンク