手根管症候群 手術 日帰り可能

手根管症候群の手術は日帰り可能?

スポンサーリンク

仕事や家の事情もありますからなるべく家に早く帰りたいですよね。
できれば日帰りで帰りたい。
日帰り可能がいい。
そんな方は結構多いのではないでしょうか。
どんな時だと手根管症候群の手術で日帰りできるのか調べてみましょう。

 

 

【手根管症候群の手術は2種類ある】
手根管症候群の手術は手根管解放術と内視鏡を用いて行う鏡視下手根管解放術があります。
手根管症候群の手術で従来行われている手根管解放術は手のひらの皮膚を大きく切開するので傷後や痛みが残りやすいデメリットがあります。
時間も一般的には内視鏡よりかかる傾向があります。

 

手根管解放術は内視鏡が使えない場合など他の方法が選べない場合に採用されることが多い手術です。
最近受ける人が増え人気が高まっているのが鏡視下手根管解放術です。
内視鏡を使っているので小さな切り傷ですみ術後の痛みも切開法より軽いため社会復帰が早く日帰り可能なのがメリットです。
このように術式にはメリットデメリット両方あるので自分に合った方法を選択しましょう。

 

スポンサーリンク

 

【内視鏡が使えないケースもある】
傷口が小さく痛みが少ないなど体に負担がかからない、手術時間が20分と短くてすむ、日帰り可能なことで人気が高まっている鏡視下手根管解放術ですが腫瘤、破格筋を切開する必要がある場合は受けることができません。

 

この場合は内視鏡と切開法を組み合わせることもあります。
内視鏡が受けられるかどうかも聞いてみないと分からないことなので内視鏡希望の方は必ず事前に医師に問い合わせてみてください。

 

 

【手根管症候群の切開法でも日帰り可能なケースもある】
内視鏡だけでなく切開法でも日帰り可能な場合もあります。
内視鏡が受けられなかった場合でもあきらめないでください。
切開法でも経験豊富な専門の医師によって行われるのであれば短時間で出来る病院もあります。
手根管症候群の手術を受ける前に事前に確認してみましょう。

 

内視鏡だけでなく切開法でも医師によっては日帰り可能な病院もあります。
手根管症候群の手術を受ける前に担当の医師に切開法でも日帰り可能なのか問い合わせてみましょう。
もしかしたら日帰りで手術が受けられるかもしれません。

スポンサーリンク