手根管症候群 手術 入院期間

手根管症候群の手術でかかる入院期間はどのくらいか

スポンサーリンク

手根管症候群にかかる入院期間はどのくらいかかるのでしょうか。
退院後の生活もありますからある程度の目安は知っておきたいですよね。
入院から退院までの流れを事前に調べておいて退院後の生活の参考にしましょう。

 

 

【入院から退院までの流れ】
手根管症候群の手術から退院まで一般的には3日間かかるそうです。
大まかな流れとしては入院当日に手術、入院、化膿止めの点滴の投与、安静期間ののち特に傷口に問題が無ければ3日目に退院という流れになることが多いです。
入浴は入院当日は禁止、術後1日目に体拭くのみ術後2日目からシャワーが可能ですが、抜糸がすむまでは傷口に防水テープを貼って入浴することになります。

 

食事は麻酔の影響が少ない場合は入院当日から普通に取ることが可能です。
リハビリは術後1日目から開始され徐々に生活の負荷を増やして行きます。
痛みやしびれが起きた場合は我慢せず担当の医師や看護師に相談をするようにしましょう。
入院期間が必要な場合とそうでない場合がありますので必ず手術前に確認を取るようにしましょう。

 

スポンサーリンク

 

【手根管症候群の手術は入院期間を設けず日帰りで帰れることもある】
手根管症候群の手術と聞くと必ず入院しなくてはいけないのかと思ってしまいがちですが、そんなことはありません。
医療技術の進歩で術式によっては日帰りでの帰宅が可能な病院、医師もいます。

 

一般的に内視鏡を用いた術式だと短時間ですむので入院期間を設けることなく帰宅が可能と言われていますが、手のひらの皮膚を大きく切開する切開法でも経験が豊富な医師の場合は短時間での手術が可能なので場合によっては日帰りで家に帰ることができます。
入院期間を設けず手根管症候群の手術を受けたい場合は事前に担当の医師に日帰りで帰宅ができるのか問い合わせてみましょう。

 

手根管症候群の手術を受けて入院するとなると入院期間が気になってしまいますが、手根管症候群の場合は数日間ですむようです。
病院によっては日帰りで帰れるところもありますから事前にどのくらい入院期間がかかるのか聞いておきましょう。

スポンサーリンク