手根管症候群 手術費用

手根管症候群の手術費用

スポンサーリンク

手根管症候群の手術を受けることになった場合、手術費用はいくらかかるのか気になりますよね。
手術の方法、入院のある無しでいくらか変わってきそうです。
手術を受ける前に自分の手術費用がどのくらいかかるのか調べておきましょう。

 

 

【日帰りで手術を受けた場合】
日帰りで手根管症候群の手術を受けた場合、かかる手術費用は適用される保険の額により大きく変わってきます。
手根管症候群の切開術(手根管解放術)の場合は3割負担だと15000円前後、内視鏡による手術(鏡視下手根管解放術)の場合は30000円前後かかります。

 

保険が負担してくれる額により手術費用は変わってきますのである程度手術費用の目安を知りたい方は自分が加入している保険をチェックしてみましょう。
入院するよりは日帰りで受けた方が日常生活に支障は出にくいと思います。
症状によっては入院が必ず必要な場合もあるので入院するかしないかは必ず担当の医師に問い合わせてから入院前、退院後のプランを立てるようにしましょう。

 

スポンサーリンク

 

【入院して手術を受けた場合】
手根管症候群の手術を入院して受けた場合、一般的に3日間ほど入院することになり傷の経過を見て退院となります。
入院して手根管症候群の手術を受けた場合、手術費用は日数や検査にもよりますが、3割負担だと60000円前後、1割負担だと20000円前後かかります。

 

日帰りと入院とでは2〜4倍ほど費用がかかってしまうので、手根管症候群の手術を受ける前に必ず日帰りなのか入院しての手術なのかは医師に確認を取るようにしてください。
日帰り入院どちらもメリット、デメリットがあります。
両方選べる場合は自分に合った方法を選んで少しでも自分の負担が少なくなる方法を取りましょう。

 

手根管症候群の手術費用は手術の方法、日帰りと入院、負担できる保険の額によって大きく変わってきます。
手術を受けることになったら、どんな手術なのか、日帰りが可能なのか、負担される保険の額はどのくらいかなどきっちり調べましょう。

スポンサーリンク