手根管症候群 術後 リハビリ効果

手根管症候群の術後のリハビリ効果について

スポンサーリンク

手根管症候群の術後、どんなことを行うとリハビリ効果があるのでしょうか。
リハビリ効果の影響、目的などが分かると、一段とリハビリに意欲がわいてくるのではないでしょうか。
正しいリハビリ方法を知って生活に役立てましょう。

 

 

【手根管症候群の手術後リハビリを行う目的】
どうして手根管症候群の手術後リハビリを行わないといけないのでしょうか。
それは、手首や手根管部の柔軟性、筋力を取り戻すためです。
手首のストレッチには手首の柔軟性を取り戻してむくみを解消するリハビリ効果があり他にも腱鞘炎の予防、親指の付け根の筋力アップ、手首の関節の動きが悪くならないようにするなどの効果があります。

 

このようにストレッチが手根管症候群の術後のリハビリに与える効果は沢山あるそうです。
手根管症候群の術後リハビリを行うのは大変ですが、その分多くのリハビリ効果が得られますので頑張りましょう。
きっと努力に見合った分の効果が体に表れるはずです。

 

スポンサーリンク

 

【リハビリ効果が得られる方法】
手根管症候群の手術後リハビリ効果が得られる方法は沢山あります。
手首や手根管部に負荷をかけないのもリハビリ効果が得られる方法の一つです。
テーピングやサポーターを利用して負担がかからないようにする、特にスプリントという装具は神経の圧迫を軽減して痛みやしびれを軽くする効果があります。

 

超音波、複合低周波などを患部にあてると筋肉の緊張を取るリハビリ効果があるそうです。
安静にしていても痛みが強い時、夜間にしびれ痛みを感じる時はアイシングが有効です。
1回15分で3時間おきに手根管部をアイシングしてください。
フライパンを持つときは両手で持つ、指を使う時はゆっくり動かす、オフィスワークの時は手首の下にタオルなどを置いて手首をのばす方法も効果があります。

 

手根管症候群の手術後リハビリを行うのはかなり肉体的に苦痛を伴うと思いますが、自分に合った方法を見つけて気長にこつこつ無理のないペースで続けていきましょう。
きっと努力に見合ったリハビリ効果が得られるはずです。

スポンサーリンク