手根管症候群 ビタミン 摂り方

手根管症候群の治療に効果的なビタミンの摂り方

スポンサーリンク

手根管症候群の治療では多くの方にビタミン剤の処方がされています。
ビタミンの効率のよい摂り方を知り、日常生活にうまく取り入れ手根管症候群の治療に活かして行きましょう。
きっとうれしい効果が出てくるはずです。

 

 

【治療に効果的なビタミンとは】
手根管症候群の治療に効果的なビタミンはB6、B12で、B12は病院で出されることが多いです。
B12は魚介類、レバーに多く含まれますが必要な摂取量を考えるとサプリメントの方が効率よく摂取できるかもしれません。

 

B6はフラックスオイル、米、玄米、鶏の胸肉、グレープフルーツ、バナナ、オレンジジュース、パイナップルなどに多く含まれ抗酸化物質や必須ミネラル、ビタミンBを体に補給してくれる食材です。
青リンゴやケールの葉もおすすめの食材なので試してみてください。

 

このように手根管症候群の治療に効果的なビタミンを含む食材は数多く存在します。
自分が摂取できる食材の中から効率のよい摂り方を見つけて日常生活にプラスしてください。
細く長く続けていけばきっと効果が出てくるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

【効率のよいビタミンの摂り方】
手根管症候群は炎症を軽減する作用を持ち、神経や骨を強化する栄養素を含んだ食品を摂ることで体の内側から治療可能です。
ビタミンB6、B12を効率よく摂取できる摂り方を知り日々の生活に組み込んでいきましょう。

 

B6の簡単な摂り方はフラックスオイルを大さじ1杯朝に取ることです。
フラックスオイルはB6を多く含み手根管症候群の炎症を鎮める効果があります。
青リンゴにケールの葉2枚をブレンドして作ったジュースを週3回飲む方法も効率よくビタミンを摂取できる摂り方で手根管症候群の症状が軽減される方法の一つです。
サプリメントも手軽に摂取できる摂り方の一つなので自分に合った方法を見つけて続けてみてください。

 

手根管症候群の治療に効果的な摂り方はいくつもあります。
自分のライフスタイルに合った摂り方を選択して気長に楽しく続けていきましょう。
そうすればきっと症状に対してうれしい効果が出てくるのではないでしょうか。

スポンサーリンク