手根管症候群 産後 自然に治る

産後の手根管症候群は自然に治る?

スポンサーリンク

女性は男性よりも手根管症候群にかかってしまうリスクが高いと言われています。
妊娠中や産後の時期になった場合は自然に治るのでしょうか。
どうして症状が出てしまうのか病気のメカニズムを知って治療に役立てましょう。

 

 

【どうして産後に手根管症候群になるのか】
妊娠中、産後、更年期など女性ホルモンに乱れや変化が生じやすい時期に女性ホルモンが乱れるとむくみを起こしやすくなるので手根管症候群のリスクが高まります。
ホルモンの乱れで起こるタイプの産後の手根管症候群は自然に治ることが多いですが、それでも治るまでに数カ月から長くて1年はかかるそうです。

 

もし1年以上たっても症状が改善しないまたは症状がひどい場合は自然に治ることを待たず早めに病院で治療を受けるようにしてください。
産後の手根管症候群が自然に治るために大事なことは生活習慣の改善と安静です。
どちらも日常生活の習慣や動作を改善すれば簡単にできることなので早く自然に治るためにも取り組むようにしてください。

 

スポンサーリンク

 

【産後の手根管症候群の対策】
産後の手根管症候群を自然に治すために大事なことは安静です。
なるべく手首や手に負担がかからないような動作を取るようにしましょう。
料理をする時はフライパンを片手ではなく両手で持つ、パソコン作業をする時は手首の下に丸めたタオルを差し入れるなどしてなるべく手や手首にかかる負担を減らすようにしてください。

 

夜中のしびれや痛みがひどい時は手を意識してあげたり、寝る前に手指に包帯を巻くと楽になります。
アイシングも効果的なのでぜひ試してみてください。
産後の手根管症候群が自然に治るためにできることは沢山あります。
むくみの改善も自然に治るために必要なことです。
塩分を控えたり体重管理に気を配るようにしましょう。

 

産後の手根管症候群は女性ホルモンの乱れが原因なので自然に治ることが多いです。
改善法も家で出来ることが多いので、できる範囲で日常生活に取り入れるようにしてください。
生活の改善をしても自然に治る気配が無い時は迷わず病院へ行きましょう。

スポンサーリンク