手根管症候群 妊娠後期 症状

手根管症候群と妊娠中や妊娠後期の症状など

スポンサーリンク

手根管症候群と呼ばれる病気があります。
妊娠中、妊娠後期あるいは産後に手の痺れや痛みを感じることがある方もいるでしょう。
それはこの病気が原因だと言われているのです。
性別や年齢に関係のない症状と言われています。

 

 

【手根管症候群とは】
手首には、手根管という直径3センチくらいのトンネルがあります。
この中には正中神経というものがあって、それが手指を支配しているのです。
ですが、この神経が圧迫を受けることによって、症状として手の痺れ、痛みを感じさせることがあるのです。
これこそが手根管症候群と呼ばれるものなのです。

 

 

【妊娠中について】
手根管症候群は、年齢、性別など関係なしに症状が出るのですが、妊娠中、あるいは妊娠後期には急激な体重増加、それにホルモンの影響などでむくみやすくなっています。
ですから、手根管症候群の症状をうったえる方は少なくないとのことです。

 

ホルモンの影響によって筋肉が疲労しやすくなっていること、姿勢の変化によって筋肉への負担が増えて、痺れなどの症状が出やすくなるのです。
妊娠中もそうなのですが、産後には授乳や抱っこのときに手根管が圧迫されることによって症状が出ることもあります。

 

スポンサーリンク

 

【手根管症候群の予防法について】
手根管症候群を予防するにはどうするかです。
妊娠後期の症状に関しては、体重増加やむくみが原意となります。
ですから、妊娠中、妊娠後期には体重の増加に加えて塩分抑制が大事となります。

 

妊娠後期の場合、赤ちゃんに栄養をたくさん与える必要が出てくるため、血管が拡張して血液中の水分量が多くむくみが出やすくなるのです。
これを解消させるには、簡単な運動、冷えを回避すること、衣服の締め付けを避けることが重要です。

 

妊娠後期は体にとっても赤ちゃんにとっても大事な時期です。
手根管症候群による直接的な体へのストレスや不安を避けるためにも、症状について理解をして、妊娠中、妊娠後期にきちんと手根管症候群への対応が出来るように常に予防への意識をすると良いでしょう。

スポンサーリンク