手根管症候群 手術後 注意点

手根管症候群の手術後の注意点

スポンサーリンク

手のしびれが症状っとして現れてくるのが手根管症候群です。
手根管症候群は、手術をしなければならない病気としても知られているのですが、手術後にはどのような注意点があるのでしょう。
症状が出たときのためにいくつか知っておくと良いでしょう。

 

 

【手根管症候群の手術後について】
まず、注意点のひとつとして、重いものを持つなどの負担をかけないようにすることです。
負荷をかけた場合、傷口が痛む可能性があります。
手術後には、手根管症候群のリハビリもあるわけですが、そのときにも手に負担をかけないようにすることが大事になります。

 

 

【手根管症候群のストレッチ】
手根管症候群の手術後のリハビリを行うときは、手に負担をかけないようにすることが注意点ということですが、筋肉や腱の柔軟性を取り戻すこと、稼動域を広げることも大事になります。
手首のストレッチは、手を前方に伸ばし、指先を天井に向けて、もう一方の手で引っ張って手首を伸ばします。
次に指先を下げて、同じように引っ張るのです。

 

スポンサーリンク

 

【手根管をやわらかくするために】
手根管症候群の手術後のリハビリの一環として、手指をやわらかくすることはとても大事なことです。
親指の付け根と小指の付け根を合わせるイメージで、親指と小指を引っ付けるような動作を行います。
これを20回、1日にセット行うことです。
注意点としては、あまりやりすぎないことです。

 

 

【家事も大事】
手根管症候群の手術後の注意点として、家事をすることも大事です。
ただ、手に負担をかけないことは大事です。
日常では手を使うことはとても多いですから、その範囲で手を使うこと、極度な負担が少ない家事を選びましょう。

 

手の痺れがあると思ったらこの病気を疑うことは大事です。
手術後にはこうした注意点を意識することが大事です。
手根管症候群は再発の可能性もありますから、十分に気をつけてケアをすることが大事です。
手に負担をかけないことが手術後の一番の注意点であると覚えておきましょう。

スポンサーリンク