手根管症候群 手術後 後遺症 注意点

手根管症候群の手術後の後遺症などの注意点

スポンサーリンク

手根管症候群の注意点としては手術後には後遺症が起こることがあります。
そもそも手根管症候群は、手根管に圧力がかかることによってしびれや痛みなどが起こる病気です。
悪化するとだめなので、手術を行わないとだめなのです。
手術後でも後遺症には気をつけたいものです。
では、手根管症候群とはどのような病気かを知っておきましょう。

 

 

【手根管症候群について】
手根管症候群の症状の特徴としては、親指から薬指にかけての指に痺れや痛みが出ることです。
男性よりも女性の方が多いとされていますが、手の痺れと言えば手根管症候群と言われているくらいです。
そして、誰にでも発生するリスクはあるのです。
後遺症が残ることもあります。
注意点をみていきましょう。

 

 

【手根管症候群の治療について】
手術後のことも大事ですが、注意点としてまずは保存療法からスタート、それで改善されない場合にはきちんと手術をする必要があることを覚えておきましょう。
手の痺れや痛みを和らげるために投薬が行われます。

 

ボルタレン、ロキソニンなどの非ステロイド系の薬剤の処方、または圧迫されてしまった神経を元に戻すための神経再生薬も処方されます。
手根管症候群は、手を使いすぎることによって悪化するのですが、手術後に手を安静に保つための注意点、後遺症対策の措置としてサポーターを使うことも注意点として大事です。

 

スポンサーリンク

 

【手術を行う】
もしもどうしようもない場合には手術を行うことも検討されます。
手根管症候群の手術は、正中神経の圧迫を取り除く処置が求められます。
靭帯の切断、あるいは神経剥離の処置がとられることもあります。

 

内視鏡による手術が一般的で、痛みが少ないこと、仕事への復帰も早いと言われているのですが、手術後には後遺症としての合併症が起こる可能性があることを覚えておきましょう。
手術後には後遺症を防ぐためにきちんとした措置が必要となるため十分に気をつけましょう。

 

この病気は、日常生活に影響が出る疾患です。
注意点として手術後に後遺症が出ないように優秀な医師がいる病院を選ぶこともまた注意点のひとつです。
手を酷使している状態で、手に痺れを感じたら、まずは病院に行ってみると良いでしょう。

スポンサーリンク