手根管症候群 疼痛 夜間

手根管症候群は夜間に疼痛が起こる理由

スポンサーリンク

手根管症候群は、自覚症状のひとつとして夜間に疼痛、指の痺れが出てきます。
実際、ある程度症状が進むことによって軽減されるのですが、夜間の疼痛は体の悲鳴と捉えるべきなのです。
このあたりについてもう少し詳しく紹介します。

 

 

【手根管症候群の夜間の疼痛】
手根管症候群は、夜間に疼痛をうったえます。
痺れの憎悪や睡眠が妨げられる可能性があるくらいのレベルです。
これには生理学的変化が関与しており、終身時に血圧が下がること、手が活動しないことによるポンプ作用の低下、下肢にあった組織液が上肢に戻ってくる、就寝時には手根管内圧の上昇が起こるなどが影響し、手根管症候群は夜間に疼痛が起こるのです。
起床すると手根管症候群の症状は血圧が上昇することによって緩和されるというわけです。

 

 

【病院にいくことが大事】
もしも、夜間に疼痛を感じたら、手根管症候群を疑うことになるでしょう。
このとき、大丈夫だろうと思って放置しておくのは問題です。
手根管症候群で夜間の疼痛が激しいのであれば、朝になったら痛みが治っていたとしても病院にはいきましょう。
なぜならば、手根管症候群の夜間の疼痛は、病気であるサインだからです。
体が痛み、痺れを発しているときには迷わず病院にいきましょう。

 

スポンサーリンク

 

【放置しておくと】
もし、この病気の夜間の痛みがあって、そのまま放置しておくとどうなるかと言いますと、疼痛はどんどん激しくなって、日常生活にも支障をきたすことになります。
もしも処置が遅れた場合には、後遺症が残ってしまう可能性が出てきます。

 

ちなみに、手根管症候群だと思っていたのだけど、痛みが収まっているという方も中にはいるのですが、実際にはそうではないかも知れません。
悪くなる前に受診をすることが大事です。

 

この病気は、夜に痛みがまずやってきます。
この症状を見逃すことはないでしょう。
もしも、症状的に危ないなと思ったら、まずは病院に直行することをお勧めしたいところです。

スポンサーリンク