手根管症候群 手術後 腫れ 原因

手根管症候群の手術後傷口が腫れる原因とは

スポンサーリンク

手根管症候群の手術後腫れてしまうことがあります。
その原因は何なのでしょうか。
手首が腫れると日常生活に支障が出てしまいます。
対処法を学んで生活を楽に送れるようにしましょう。

 

 

【腫れの原因と対処法】
手根管症候群の手術をすると靭帯の周辺を傷つけることになるので手術後1ヵ月程はかなりの痛みや腫れをを生じることになります。
手根管症候群の手術が原因で傷みが生じた場合は3〜6ヵ月ほど様子を見てそれでも改善がみられない場合は医師に相談した方がいいでしょう。

 

手根管症候群の手術後の内出血が原因で手首の周辺が腫れる場合もあります。
この場合は化膿止めを処方してもらい内服しながら傷の回復具合の様子を見るようにしましょう。
内出血が原因の場合も腫れが長引いたりひどくなるようなら医師に相談するようにしてください。
手根管症候群の症状で気になるものがある場合はどんなことでも必ず医師に相談しましょう。
そうすれば軽いうちに症状を軽快させることができるはずです。

 

スポンサーリンク

 

【その他の対処法】
手根管症候群の手術後はリハビリの為ある程度は手を使うことも重要ですが、傷の回復具合も考慮に入れながらリハビリをしましょう。
あまりにも手を酷使したり、重いものを持ったりするのは厳禁です。
医師と症状の回復具合について相談しながら少しずつ負荷を高めていきましょう。
ある程度腫れや痛みが引いてからできることを増やすようにしてください。

 

腫れや痛みが引くのには個人差がありますが焦らずこつこつとリハビリを行うようにしましょう。
なかなか回復しない場合、症状がひどくなる場合は別の原因が隠れている可能性もあります。
この場合は医師に相談して原因を究明してもらいましょう。

 

手根管症候群の手術後はどうしても腫れや痛みが生じてしまうものですが、大抵は手術後の経過とともに軽快していきます。
あせらずこつこつと医師のアドバイスを聞きながら手術後のリハビリと治療に専念してください。

スポンサーリンク