手根管症候群 手術後 生活

手根管症候群の手術後の生活は?

スポンサーリンク

手根管症候群の手術を受けた場合、その後の生活はどんな経過をたどるのでしょうか。
症状が出る前のように戻れるのかも不安ですよね。
手術後の経過やリハビリ方法を知って不安を解消し前向きに手術と向き合いましょう。

 

 

【手術後の経過】
手根管症候群の手術後1ヶ月は手を動かすことが禁止とされていますし手を動かすこと自体かなり困難を伴います。
そのため手術後はなるべく手を安静にさせるよう日常生活に工夫が必要です。
ものを持ったり握ったりする事が自然にできるようになるまでに時間がかかりますが焦らず治療とリハビリに専念するようにしてください。

 

だいたい1年位経つとだいぶ普通の生活を送れるようになり、数年たつとほとんど症状が出る前と変わらない生活が遅れるようになります。
手根管症候群の手術後回復までにはそれなりの時間を要しますが絶対に良くなっていくので焦らず経過を見守るようにしてください。
焦りは禁物です。

 

スポンサーリンク

 

【リハビリ生活と気をつけること】
手根管症候群の手術後の生活はいきなり手術前と同じ行動を取るのは難しいです。
傷の回復具合を見ながら徐々に自分の出来ることを増やして行きましょう。
最初の内は手を動かすことが禁止なのでとにかく手に負担がかからないようにしてください。

 

料理の際は包丁やフライパンを両手で持って使用するなどの工夫が必要です。
痛みや腫れがひどい時はアイシングしたり、化膿止めを使用するなど少しでも苦痛が楽になるよう対処しましょう。

 

手根管症候群の手術後1ヶ月はほとんど手を動かすことができませんが、徐々に日常生活でできることは増えていきますので焦らず自分の回復ペースに合わせたリハビリ方法を選択してください。
可動範囲が増えてきてからストレッチやマッサージなどを加えるようにしましょう。

 

手根管症候群の手術後はかなり回復の状態に戻すまでに時間がかかるようです。
回復の度合いは人それぞれです。
手根管症候群の回復のペースに合わせて自分に合った方法を選択するようにしてください。
きっと確実に回復していくことでしょう。

スポンサーリンク