手根管症候群 手術 後遺症

手根管症候群の手術を受けた際生じる後遺症とは

スポンサーリンク

手根管症候群の手術を受けた際、個人差はありますが後遺症を生じることがあるようです。
一体どんな症状が現れるのか不安ですよね。
今後の為ある程度後遺症に対する知識を入れてから手術前の心の準備をされるといいかもしれません。

 

 

【手根管症候群の後遺症が治まるまでにかかる時間】
手根管症候群の手術を受けた後、切った所が痛んだり、傷口が腫れたり痛みを持つことがあるようです。
手首を内側に曲げるのが痛いと言う方も数多くいます。
そのため痛みが出ても慌てず様子を見るようにしてください。

 

痛みに関しては個人差があり、切った所の痛みに関しても個人差はありますが3〜6ヵ月で改善、手首を内側に曲げる際生じる痛みは手術後1ヶ月程度は続くようです。
手を自由に動かせるまでには抜糸後10〜2週間はかかるのではないでしょうか。
完全に腫れや痛みから解放されるまでには半年程度時間を見た方がいいかもしれません。
半年様子を見ても後遺症が改善されない場合は医師に相談してみましょう。

 

スポンサーリンク

 

【手根管症候群の辛い後遺症を抑えるための対処法】
手根管症候群の手術を受けた後後遺症が出てしまう人は多いです。
しかし一生ではなく一時的な物なのであまり落ち込まないようにしてください。

 

手術後辛い症状が出てきた場合は痛みいや腫れに対しての対処療法を行います。
手掌痛は低出力レーザーの照射、手根管内へのステロイド注射、切った部分(切開創)の痛みはステロイドのテープを貼ると効果的です。

 

手根管症候群の手術後に発生する後遺症は辛いものですが、対処療法である程度症状は楽になります。
後遺症のほとんどが楽になるまでには数カ月かかりますが、焦らず治療とリハビリに励みましょう。
辛い時は無理しすぎ無いことも大事です。

 

手根管症候群の手術を受けた後の後遺症は個人差はありますが、生活でよく使う部分なのでしばらくの間はとても不自由が生じると思います。
痛みや腫れを我慢せず、対処療法で辛い部分は抑えて少しでも快適に生活できるようにしましょう。

スポンサーリンク