手根管症候群 手術 再発

手根管症候群の手術後再発する可能性は?

スポンサーリンク

手根管症候群の手術を受けた後、人によっては残念ながらぶり返してしまう事があります。
どのくらいの割合でぶり返す可能性があるのかぶり返す時期などを知っておくと治療法を決める際の参考になるのではないでしょうか。

 

 

【手根管症候群が再発する確率】
手根管症候群の手術後に症状がぶり返してしまう確率はどのくらいあるのでしょうか。
アメリカでは手根管症候群をぶり返す人は全体の75%と言われています。
再発する時期は3ヵ月〜15年と人により様々です。

 

手根管症候群の外科的処置を受けた後ぶり返してしまう確率はかなり高いと言えますが、だからといって辛い症状を我慢して日常生活に支障が出てしまうよりは外科的処置を受けた方が今後の生活を考えるとメリットがあるのではないでしょうか。
再発率の高さが気になるところですが、治療を続けても改善の余地がみられない場合、すでに生活に支障が出て苦しんでいる場合は手根管症候群の手術を検討してみてください。

 

スポンサーリンク

 

【再発したらどうすればいいのか】
もし、手根管症候群の手術を受けた後症状が再発してしまったらどうしたらいいのでしょうか。
この場合症状にもよりますが、手をなるべく酷使しないようにしたり痛みどめの注射など治療を受けても痛みや腫れ、しびれの症状が改善しない場合は再手術を検討した方がいいかもしれません。
後遺症か再発か区別がつかない場合は必ず医師の診察を受けるようにしてください。

 

外科的処置をしてもまたぶり返してしまう可能性もあるかもしれませんがぶり返すかどうかは実際に外科的処置を受けてみないことには何とも言えません。
また手術となると落ち込んでしまうかもしれませんが生活の質を向上させるためにもぜひ外科的処置を受ける道も検討してみてください。

 

手術を受けた後手根管症候群の症状が再発してしまうとかなり落胆してしまうと思いますが、全てのケースが再手術になるわけではありません。
結果的に選択せざるをえない場合もあるかもしれませんがその時は前向きに考えましょう。

スポンサーリンク