手根管症候群 手術 仕事復帰 期間

手根管症候群の手術後仕事復帰までにかかる期間

スポンサーリンク

手術を受けた後、どのくらいで仕事復帰できるのか期間が気になる所なのではないでしょうか。
手根管症候群の場合社会復帰できるまでにどの程度時間がかかるのか調べてみて復帰の際の具体的なプランを立てる参考にしましょう。

 

【仕事復帰できるまでにかかる期間】
手根管症候群の手術を受けた後仕事復帰できるまでにどのくらい期間がかかるのかとても気になってしまいますよね。
あまりにも日数がかかるようでは手術を受けたくても受けられません。
スムーズに仕事復帰するためにも具体的な復帰期間を調べてみました。

 

ちなみに手根管症候群の手術を受けた後、仕事復帰までにかかる期間は1週間程度と言われています。
なぜ1週間と言われているのかと言うと、術式の際に用いられる局部麻酔の影響があると思われます。
一般的な手根管症候群の手術は伝達麻酔という局部麻酔を行うのですが、その際手術当日から肩から下の力が失われ、術後のむくみを減らすため手術翌日も三角巾で過ごすことになります。

 

スポンサーリンク

 

【手根管症候群の術後から抜糸が終わるまでの期間は安静にすること】
術後から抜糸が終わるまではしばらく行動に制限がかかる期間になるので、肉体労働がメインの場合は抜糸が終わるまでは事務系など手に負担のかからない作業をメインにしてもらうなど会社側に配慮をお願いしましょう。

 

抜糸は手根管症候群の術後経過を見て10日から2週間後に行われます。
それまではとにかく手に負担がかからないよう仕事の面でも生活の面でも工夫が必要です。
車の運転も手根管症候群の手術の翌日から大丈夫とされていますが、あまりにも傷口が痛んだりするようだったら無理しないで様子を見ながら行うようにしてください。
抜糸がすめばかなり可動範囲が広がるのでしばらくは焦らず様子を見るようにしましょう。

 

手根管症候群の手術を受けた後、仕事復帰できるまでにはしばらく期間がかかりますが、あまり慌てて仕事復帰すると、治るものも治らなくなってしまいます。
安静にする期間が終わるまでは焦らずじっくり待つようにしましょう。

スポンサーリンク